松戸市の葬儀社できる家族葬の特徴

お葬式にはいろいろなタイプのものがあります。直葬、一日葬、家族葬、一般葬の4種類が一番選ばれることが多い形式だといえます。松戸市の葬儀会社ではいろいろな形式でお葬式を執り行うことができるようになっています。ですが、この4種類の形式のものがよく選ばれる形式だといえます。松戸市だけではなく、全国の都道府県でも同じです。ですが、最近は松戸市などの大都市圏を中心に家族葬を執り行う遺族が増えてきているといいます。小さなお葬式としても知られているこの形式は、一般葬の縮小版として考えることができるお葬式ですが、ほかの形式のものとは少し違いがあります。なので、そのことについてもしっかりと理解してからこの形式の葬儀を執り行うようにすることが大切です。

一般葬と同じ流れのお葬式だといえる

家族葬とは、通夜式も告別式も行う一般的な流れのお葬式です。家族や親族、親しい方のみで行うことができる、密葬に近いお葬式だといえます。この形式の葬儀を選ぶ人が増えている理由として、現代の価値観に合っているかた、というものがあります。故人が高齢ということで付き合いのある友人があまりいない、という場合が増えており、参列人数は減少傾向にあるといいます。葬儀は小規模にしておき、遺族だけでゆっくりと故人を見送りたい、という考えを持っている方が最近は増えてきており、その考えにこの形式があっているから選ばれるようになってきたと言われています。生前に故人が希望する場合もあり、ゆっくりと遺族が気持ちを落ち着けることができる時間を持てるというのが選ばれる理由のひとつだといえます。

この形式だけの特徴があるので選ばれる

家族葬の特徴のひとつには、一般葬の縮小版と考えると流れは同じだけど、お香典などはもらわない、というものがあります。遺族だけで執り行うので、会社関係の方や近所の方などにも参列していただくことを遠慮することになります。なので、お香典なども受け取ることがなく、葬儀費用はほとんどが自腹になるといっていいです。そのことをしっかりと理解してからこの形式を選択することが大切です。また、遺族以外にどこまで参列してもらうことができるようにするのか、ということも考えておかなければいけないです。この形式の特徴は、遺族がゆっくりと故人を見送ることができるということ、参列者におもてなしをする必要がないので気を使う必要がないというところだといえます。ゆっくりと故人の思い出を語ることができる時間を持てるのが選ばれる理由です。