松戸市で家族葬ができる葬儀社の探し方

家族葬とは、家族や、身近な親戚、友人だけとのお別れを考えた一般の人たちの参加を遠慮する小さなお葬式です。このお葬式に対してのイメージはいろいろあり、5人くらい参加から、30人くらいの参加まであります。松戸市で、家族葬を考えるならば、いくつかの葬儀社を回って事前相談をしてみるといいでしょう。その時、費用の詳細を話してくれますが、葬儀にかかる費用、葬儀そのものにかかる費用、お寺に納める費用、参列者の飲食費やお返しと分かれていることを、まず覚えておきましょう。松戸市には、市営斎場があり、それを使用するかどうかについても葬儀社で、先に調べておく必要があります。従って、葬儀そのものにかかる費用の詳細は、葬儀社によって違っており、ただ、値段を比べただけで、比較できるものではありません。

葬儀社に支払う費用とお布施と参列者への費用について

財団法人日本消費者協会のお葬式に関するアンケートによりますと、お葬式にかかった費用の平金金額は188万円となっています。これを詳細に見ますと、お寺に納めるお布施は、平均44.6万円、参列者への飲食費、お返しの費用は33,9万円で、その残金が葬儀そのものにかかった費用となります。しかし、この費用は、一般葬もふくまれていますので、参列者の少ないこの葬儀に、これ程の費用は、必要ありません。葬儀社で、家族葬の金額は○○円と書かれていますが、これは、葬儀そのものにかかる費用であって、その金額にお布施と、参列者への飲食費が必要となるのです。一般に、松戸市にある葬儀社のこの方式の葬儀の費用は、葬儀そのものにかかる費用として40万円前後が広告されていますが、各葬儀社によって、細かい費用が省かれている場合がありますので、実際に必要な費用は変わってきます。

葬儀の事前相談のときに注意すべき事

家族に高齢者がいて、医師に(延命治療をしますか」と問われた場合、どこで葬儀をするか決めておかねばなりません。故人となった場合、遺体をどこに運ぶか、決めなければなりませんから。そのような時は、前もって葬儀社で、葬儀に事前相談をしておくといいでしょう。できれば緊急事態になるまでに事前相談をうけておけばいいでしょう。事前相談をうけるメリットは、葬儀の費用そのものがわかることと、自分が大きい一般葬をするのかとか、家族葬にするのかとか、火葬式で済ませるのかと、お葬式の形を決められるからです。次に事前相談を受けますと、スタッフの雰囲気が分かり、満足ゆくお葬式が、できるかどうかが理解できます。故人をあの世に、間違いなく送り、お別れを十分にするには、スタッフとのふれあいが、お葬式では、大切なものだからです。